面接を受ける場合の第一印象

面接を受ける場合の第一印象

正社員の就職活動においては、スーツを着ていくことが一般的となっていますが、アルバイトの面接においては特に指定がないのであるならば、スーツにこだわっていく必要はないでしょう。また、飲食店やスーパーなどによる接客業においては清潔感がある服装について好まれますし、事務職のバイトにおいてはきれい目による服装が好印象を与えていくと言われています。また、アパレル系においては、面接時による服装でファッションセンスについてチェックされるらしいです。そして、面接に関しては、派手すぎることなく、カジュアルすぎないような服装と言われるのが一般的となっていますが、応募していく業種に適しちるものを選んでいくと良いでしょう。

また、面接の場合、第一印象に関しては非常な大切となってきます。金髪や奇抜による髪色は避けて、長髪についてはきちんとまとめるようにしましょう。なお、爪の長さやヒゲなどについても相手の印象について大きく左右していきます。飲食店において長い爪は厳禁となっていますし、接客業において無精ヒゲは不適切でしょう。面接前にしっかりと手入れしておくようにしましょう。そして、過度によるアクセサリーもNGとなっています。男性の場合については、ピアスをしているだけで不採用にされてしまう場合も少なくありませんので、注意が必要となってきます。

Copyright (C)2017面接を受ける場合の第一印象.All rights reserved.