面接を受ける場合の第一印象

就職面接で卒業論文のことを聞かれたら

今まできちんと企業で働いてきた経験がある人でも、転職面接では緊張することがほとんどです。企業で働いたことがない学生が、就職面接で緊張するのは当たり前と言えるでしょう。よく緊張し過ぎてはいけないと言いますが、学生の場合はそれが好印象をもたらすこともあります。採用担当者は、学生が面接で緊張すると言うことは熟知しています。緊張していても学生らしいと感じてくれるでしょう。印象を悪くすると言うことはほぼありません。また、緊張する学生をリラックスさせようと、採用担当者は色々な工夫をします。

卒業論文のテーマは何でしたかと質問されることがよくありますが、これは緊張をとくためにされると言われています。とは言え、適当に答えるわけにはいきません。いくらリラックスさせるための質問と言えど、きちんと答える必要があります。卒業論文のテーマについて聞かれると、つい専門用語を多用して延々と話してしまいがちです。しかし、採用担当者は研究テーマについて深く知っていると言うことはほとんどないでしょう。専門用語を使って話しても、理解してもらえません。ですから、専門知識がない人にも分かりやすいように、簡潔に話すことが基本です。

Copyright (C)2017面接を受ける場合の第一印象.All rights reserved.