面接を受ける場合の第一印象

面接が苦手だと感じている時の対策

面接が得意だと考えられる場合は、面接をすること自体に苦手意識がないため、必要以上に緊張することはなく、普段通りの精神状態で挑むことができます。一方で、面接が苦手だと感じている場合は、必要以上に緊張してしまったり、言葉が上手く出てこなかったりなど、普段通りの自分を出せず、後悔することがあります。面接が苦手だと感じている時の対策は、場数を踏んで慣れることです。面接は、回数が多くなれば雰囲気に慣れることができます。

また、質問の内容も基本的には同じです。志望動機や強み、弱み、趣味や特技に関することなど、面接の場で多く質問を受ける内容は大体決まっているので、後は質問への応えを考えておくだけです。時々、予想していない質問を受けることがあります。それでも、対策することは可能です。例えば、流行りやニュースに関する話題は、面接の雰囲気や面接者の緊張度を下げるために質問することがあります。これは、選考に大きく影響するようなものではありません。場数を踏むためには、実践が効果的です。ですから、興味のある企業が見つかった時には、積極的に応募します。場数を踏むことで、緊張度を無くすことは簡単ではありませんが、程良い緊張感で面接に挑めるようになります。

Copyright (C)2017面接を受ける場合の第一印象.All rights reserved.