面接を受ける場合の第一印象

面接で緊張し過ぎないために必要なこと

就職や転職での面接は、書類選考の次に行われるのが一般的です。面接での評価は、採用に直結するため、勝負所となっています。そのため、面接を受ける者は普段よりも良い自分を見せたい気持ちが強くなってしまい、緊張し過ぎてしまう場合があります。緊張し過ぎてしまうと、普段よりも頭の回転が鈍くなったり、考えが上手くまとまらなかったりなど、思い通りにならない状況になることがあります。しかし、緊張し過ぎてしまうことは十分に対応できます。

緊張し過ぎないためには、場慣れすることが一番大切です。1回よりも2回、2回よりも3回というように、面接の経験回数が多くなれば、徐々に落ち着いて面接を受けられるようになります。また、イメージトレーニングも緊張を抑えられる効果があります。面接のイメージトレーニングは、場所を選ばずに行うことができます。頭の中で面接を受けている場面を想像し、面接官からの質問にきちんと回答します。イメージトレーニングで何回も面接の場面を想像していれば、実際の面接でも落ち着いて対応できるようになります。実際の面接とイメージトレーニングは当然ながら異なります。しかし、面接は想像しているだけでも慣れることができるため、緊張し過ぎることは無くなります。

Copyright (C)2017面接を受ける場合の第一印象.All rights reserved.