面接を受ける場合の第一印象

面接試験での基本的な態度、話し方

仕事に就くためにほとんどの場合必要なのは、面接試験に合格することです。簡単な面接もあれば、複数の試験管による長時間の面接もあります。どんな面接の際にも、共通して、知っておくと役立つ話し方や話す内容があります。

まず、子供じみた態度を避け、まじめに敬意のこもった態度であいさつします。椅子に座る時は、背筋を伸ばし、足をきちんと床に着けます。前もって練習すると、冷静に落ち着きを保つことができ、緊張せずに済みます。質問に答える際は、すぐに思いつきで答えるのではなく、まず考えて、その質問にあったこと、そして一言ではなく、十分な情報を提供するようにします。その際に、過度にできることを示そうとして自慢することのないようにしましょう。基本的な態度は、礼儀正しくあること、内容が正確で正直であることです。紛らわしい言い方ではなく、率直に話すようにもします。自信を持ち熱心に話す必要がありますが、うそをついたり尊大な態度ではなく、はきはきと話すようにします。また、試験管が話しているときは、注意深く耳を傾け、聞いていることをきちんと態度で示すようにします。こういった基本的な態度、話し方に注意しておくと、上手に面接を切り抜け、希望の職種に就くための良い下準備をすることができます。

Copyright (C)2017面接を受ける場合の第一印象.All rights reserved.