面接を受ける場合の第一印象

就職面接で親友について聞かれることがある

転職面接の場合は聞かれませんが、学生が企業の就職面接を受けるとき、親友について教えてと言う質問をされることがあります。自分の親友のことなど、仕事には関係ないと思う人がほとんどでしょう。しかし、どんな友人関係を築いてきたかを伝えることも一種の自己PRです。親友のことを第三者に具体的に伝えることができるか、これは仕事にも関係してきます。こう言うことができないとなると、プレゼンテーションの能力が低いと判断されかねません。志望動機のように絶対に聞かれる質問ではありませんが、答えられるようにしておくのが基本です。

しかし、親友と呼べる人物がいないと言う人もいるでしょう。その場合でも、できるだけ親しい存在である友人のことを考えて答えるようにしたいです。親友と呼べるような人はいませんと答えるのだけは避けましょう。面接では正直に答えなければいけない、親友がいないからそう言うしかないと考える人は多いです。ですが、正直すぎるのも考えものと言えるでしょう。ウソをついてもいいと言うわけではありませんが、事実を多少ふくらませて答えることは問題ありません。どう答えれば採用担当者に伝わりやすいか、これをしっかり考えましょう。

Copyright (C)2017面接を受ける場合の第一印象.All rights reserved.